2020/12/06 隅田レイ・アロハ・フェスティバル

東京都墨田区の錦糸公園で「Christmas in the Island」を楽しんで来ました。

例年だと4月後半に「隅田ジョージホロカイ レイ アロハ フェスティバル」が開催されていました。今年は新型コロナウイルスの感染拡大もあり、延期につぐ延期で、最後は開催中止との案内がされていました。

今年は錦糸町にはハワイが来ないとがっかりしていたら、突然、「クリスマス イン ザ アイランド」として開催されると告知がありました。会期は2020年12月5, 6日の2日間です。

12月開催のイベント。毎年、ハワイから来ている戦士のようなバキバキの体をした、あの半裸の方々には寒すぎるのでは? というより、入国できるのでしょうか。そんな心配をしていましたが、やはり今年はどなたも入国していないようです。楽しみにしていた歌手グループのka ha kaiも来ていませんでした。

土曜日の5日は朝からずっと雨。午後から行ってみましたが、冬の小雨の中でフラを踊る姿は、とても寒そうでした。イベントに行くようになって何年もたちますが、会期中に雨が降ったのは初めてです。

しかし、翌日の6日は一転して、朝から快晴! とはいうものの、会場は普段の3分の1程度。ステージもひとつだけ。物販のブースは4〜5店で、フード・トラックも同様に5店ほどでした。さすがに規模は小さいようです。

とりあえず、食べ物系はお酒を除いて全部回って来ました。

まずは、定番のマラサダ(250円)、そしてなぜかタイのココナッツ・チキンスープ(400円)。

次はステーキ(850円)。ご飯が下に入っているステーキ丼もありましたが、今回はポテトが敷き詰められている方を選びました。

そして、最後はケバブサンド(500円)。

毎年、物販のブースは楽しみで、アロハシャツを1〜2枚ほど買っています。ハワイ旅行にも着ていってますし、もちろん日本の夏でも着ています。そういえば、持っているアロハシャツはほぼ、このイベントで買ったものです。

期待して全てのブースを回りましたが、残念ながらフラの衣装を扱う店ばかりで、アロハシャツは売っていませんでした。アロハシャツの買い増しは、来年まで持ち越しです。

それにしても、今年は無いと思って諦めていたハワイのイベントが小さいとはいえ開催されて、少しだけ(マラサダのサイズくらい)ですがハワイを感じることができました。主催団体に感謝したい気持ちです。

来年は新型コロナも落ち着いて、以前のような公園全部を使った規模で開催されることを期待しています。やはり、南国ハワイのイベントは夏に、そして賑やかに開催されてこそ思い切り楽しめますから。

Updated: 2020年12月26日 — 7:26 PM