気温の変換 華氏(F)→摂氏(C)

旅行先の天気予報で困るのが、気温です。特にアメリカ系のテレビでは、馴染みのない「華氏(F)」で表示されます。一方、天気の晴れや雨は記号で分かるので、困ったことはありません。

例えば、ニューヨーク地方局のNew York 1だと、天気予報はこんな表示です。

New York 1 : https://www.ny1.com/nyc/all-boroughs/weather

華氏を摂氏に変換するために、いつも使っている簡単な方法について書いてみます。あくまでも大体の気温を知るためですので、正確ではありませんが次の計算式です。

■正確な計算式 : (華氏 – 32) ÷ 1.8 → 摂氏
■ざっくり計算式: (華氏 – 30) ÷ 2 → 摂氏

その計算式で変換した温度が次の表です。「華氏から30を引いて、2で割る」というざっくり計算でも、普段の生活では問題ないと思います。

華氏(F)摂氏(C)ざっくり(C)
10037.835
9032.230
8026.725
7021.120
6015.615
5010.010
404.45
30-1.10
20-6.7-5
10-12.2-10
0-17.8-15

暗算が得意なら正確な計算式を使えばいいのでしょうが、テレビを見ながらだとそんな計算をしている時間が無いので、ざっくり計算で大まかに情報を捉えます。1999年ニューヨーク出張の時に「ざっくり計算式」に気がついて以来、ずっと使っています。

どなたかの役に立つかもしれないので、記事を書いてみました。

Updated: 2021年6月9日 — 6:25 PM