1998/10/09 プーケット

■プーケット空港へ

現地ガイドがホテルに迎えにきてくれた。でも、初日とは違う人だ。象さんライドの件で交代したのか、それとも元々、受け入れと送り出しの担当が違うのか。どっちかは分からないが、嫌な思いをした人でなくて良かった。

空港でサンドイッチを買って、腹七分目くらいになった。なのに、飛行機に乗ると、すぐに食事になった。後から知ったことだが、空腹だと精神的に苛立つ可能性が高くなるため、満腹にしてトラブルを未然に防いでいるとのことだ。それが分かっていれば、空港でサンドイッチを食べるんじゃなかった。

■バンコク乗り換え

あれっ、帰りも直行便じゃないぞ。バンコク空港で降ろされた。荷物や機材を積み込むらしい。

バンコク空港は、ものすごいショッピング・アーケードになっている。ここでお土産を調達した。ところが、バーツが尽きてしまった。どれか諦めようかと考えていたら、店員が「図書券を見せてくれれば、日本円で支払ってもいい」と言ってきた。「図書券って何だ?」
何度かやりとりして、図書券とはパスポートのことだと分かった。手持ちの日本円も追加して払い、無事に買い物修了。ちょっとレートは悪かったが、まあ、買い物できたので良かった。

■成田空港の診察室

妻がだるさが抜けないので、空港内の診察室で診てもらった。特に悪いところもなく、旅行の疲れとのこと。ビタミン剤が処方された。でも、旅行保険で賄ったので、お金は全くかからなかった。

三人とも疲れたが、初めての海外旅行は大きなトラブルも無く、無事に帰国できた。来年は出張でニューヨークに行くが、まあ、何とかなるだろう。

Updated: 1998年10月9日 — 12:22 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です